お湯を閉じ込めるのも面倒くさく思っていた

友だちに入浴剤のきき湯の1回つぎ込みきりをもらったので、久しぶりに湯船に浸かることにしました。
一人暮らしの私の我が家のお風呂は小さく、お湯を閉じ込めるのも面倒くさく思っていたので、四六時中シャワーだけでした。

きき湯クレイ重曹炭酸湯の入浴剤だったのですが、お湯に入れた折、可愛い芳香に癒されました。銭湯に使ってみると、実に可愛い芳香でお肌がしっとり、お風呂から上がった先も人体はぽかぽかだ!
乾燥肌、冷え性に悩まされている僕は、きき湯にハマってしまいました!

湯船に浸かることはそれ程好きではなかったのですが、きき湯に出くわし、変わりました!お肌がうるおい、人体がポカポカするので、四六時中銭湯に浸からないと物足りなく思うようになったのです。
入浴剤はどれも同じだと思っていました。ベタベタして仕舞う理解もあり、銭湯に浸かった後は、入浴剤をたっぷり洗い流さないと不満だったのですが…
きき湯の入浴剤は単に上がっても、べたつかず、お肌の潤いをキープして貰える!

美肌って、冷え性上達の結末を実感できたので、今は四六時中湯船に浸かるようになりました。秋ところから四六時中湯船に浸かるようになったのですが、冬になるとたえず乾燥していた背中や脚がしっとりしているのです。絶えず躯幹クリームは手放せなかったのですが、躯幹クリームを塗った時間以上の潤いだ!
冬季はつま先が冷たくて眠れないほどの日もあったのですが、そんなこともなくなりました!人体を芯からあたためる結果冷え性上達になったのです。

今は、お風呂のひとときが毎日の楽しみです。湯船で芳香に癒されながら、大好きなガイドブックを読み、毎日の疲労をしっかり食するようにしています。

きき湯に浸かった翌朝は、人体や布団に嬉しい芳香が残っていて、朝から良い気分になります。これからも四六時中、入浴してスキンケア、冷え性ガードをしっかりしていきたいと思います!lesbianloversblog.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です