からきし面倒断ち切るほうがいいんじゃない

健康のためにあるくのをワンパターンとしていました。元々息子のあたりからあるくのが好きで素晴らしく歩いていたのですが、30代になったてからは健康のために意識して以前よりたくさんあるくようにしました。そうして通常お粗末2時間は駆け続けました。

他の人に「通常2時歩いている」というと「著しいねー」と言って驚かれます。その手答えがありがたくて二度と歩こうと思い、2ウィーク前から一日3時あるくことにしました。そうして周りの人に「今は一日3時歩いている」って、ちょっと自慢げに言っていました。

そうしたら「もの凄くねー」とか「スタミナがあるねー」という感心されると思いきや、「ほとんど面倒しないほうがいいんじゃない」とか「走り抜けすぎるといった健康打ち倒すよ」といった批判的手答えだったので少し他でした。それでもあるくのが好きなぼくは通常3時走り回り続けました。

たまには足がきついということもありましたが、頑固なぼくはまず決めたら外したくなく走り抜け続けました。そうやってゼロウィーク過ぎたあたり、ふと足の痛苦が増してきたような意思がしました。けれどもあるくのには邪魔なかったので気にせず駆けました。ラブグラ

家事からは「あるく時が長すぎるんじゃない?」などと緊張されながら走り回り続けて2ウィーク、足の痛苦が増してきてなんとか病院で診てもらいました。そうしてレントゲンを撮ってもらったら、「右側の股関節の軟骨が減ってきて炎症を起こしている」と言われました。

そうして「これ以上ひどくなったら執刀しなくてはなりません」と言われました。やはり一日3時間も歩いたことが原因のようです。そのとき人目から言われたように、駆け抜けすぎたのだと思いました。健康のためにあるくのは良いことですが、私のように駆け回りすぎるのはよくないようです。

今では反省して、足の痛苦が収まったら余裕前後に歩こうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です